• Home > 受託切断 > 積層ガラス切断加工(ワン・ガラス・ソリューション)

ワン・ガラス・ソリューション! 積層ガラス切断加工

積層ガラス切断加工

タッチパネル・カバーガラスOGS(One Glass Solution)の
積層から切断、製品化までワンストップ加工!

試作、量産試作、量産まで、自社切断装置にて対応

仮固定接着剤によるタッチパネル・ カバーガラス一体型OGS(One Glass Solution)の積層切断加工をお引き受けします。

携帯電話、スマートフォンなどに利用されている、タッチパネル・カバーガラス一体型の貼合せから切断加工と、さいの目状になったワークから1枚のワークに剥離、洗浄・検査までをワンストップでご提供することが可能です。

仮固定接着剤による貼合せは、有機溶剤を使わないため環境にも優しく、紫外線(UV)照射させることでスピーディーに固定でき、十数枚のタッチパネル・カバーガラス一体型の貼合せが可能。
タッチパネル・カバーガラス一体型の積層切断加工を可能にしています。

切断装置はもちろん自社、ダステック製。仮固定接着剤による固定を最大限に活かした最適な装置と、熟知した技術者が対応。プロ仕様の製品と技術で、ハードルの高いご要望にお応えします。

加工工程

フロー1:前工程 <積層・切断加工>

タッチパネル・カバーガラス一体型OGS(One Glass Solution)を十数枚貼合せる積層技術により、切断加工でさいの目状になったブロックを外形整形・仕上げ加工することで飛躍的に工数を短縮化し、コスト削減に貢献します。

■ 貼合せ工程

タッチパネル・カバーガラス一体型OGS(One Glass Solution)に仮固定接着剤をディスペンサーで塗布、新たなタッチパネル・カバーガラス一体型を貼合せ、アライメント後に、UVを照射させ、短時間で硬化させます。
塗布、貼合せ、アライメント、UV照射を繰り返し、タッチパネル・カバーガラス一体型を数十枚の貼合せたワークに仕上げていきます。

テンプロックを塗布/貼合せて仮固定/10枚貼合せたもの
■ 切断工程

タッチパネル・カバーガラス一体型OGS(One Glass Solution)が貼合せされたワークを、さいの目にクロスカットするのが切断工程です。
仮固定用接着剤の接着力が強い為、高い精度で切断が可能です。自社オリジナル切断装置により、適切なブレードと切断スピードで、少量の試作から量産まで、幅広く対応しています。

大判積層ガラス切断装置 DLS6165/DLS6165での切断/さいの目になったワーク

■ 外形整形工程

さいの目状になったタッチパネル・カバーガラス一体型OGS(One Glass Solution)の外形を削りながら加工するのが外形整形工程です。
切断面に対してのR加工も短時間、高品質で可能です。

スライシングマシンNC制御タイプ DAS-W65N/外形整形されたワーク/加工面

■ 外形仕上げ工程

切断・外形整形加工された切断面を磨き仕上げる工程です。
タッチパネル・カバーガラス一体型OGS(One Glass Solution)の切断面の強度を高め、品質を向上させます。
サンドブラスト装置とブラシ研磨装置での外形仕上げが可能です。

サンドブラスト装置/サンドブラスト装置で加工されたワークの切断面/ブラシ研磨装置/ブラシ研磨装置で鏡面研磨された/ワークの切断面

フロー2:後工程 <剥離・洗浄>

タッチパネル・ カバーガラス一体型OGS(One Glass Solution)の”さいの目状”のワークは、後工程で有機溶剤を使わず温水で剥離され、洗浄・検査を経て1枚1枚の製品として出荷となります。

■ 剥離工程

さいの目状のワークから、1枚1枚、剥離する工程です。 有機溶剤を使わず温水で簡単にはがすことができます。仮固定接着剤はシート状にはがれるので取り扱いが簡単で、後工程の工数削減を実現します。

有機溶剤を使わず温水で剥離する/ワークを分離する/テンプロックはシート状にはがれる

■ 洗浄工程

剥離された1枚1枚のワークに残渣している仮固定接着剤を除去するのが洗浄工程です。
非危険物で中性の専用剥離剤を使用しています。

7漕式超音波洗浄装置/洗浄後のワーク

■ 検査・出荷工程

仮固定接着剤の残渣や外観を検査する工程です。
残渣検査のほか、ワークの外観を丁寧に目視検査し、保護フィルムを貼り付けてから梱包し、出荷となります。
積層ガラス切断加工を、ワンストップで受託可能となっております。

残渣検査/目視検査/保護フィルムの貼り付け・梱包